安心して通販を利用するために!

>

通販で買ったものは返品できるの?

Amazonで返品ルールを確認するには?

Amazonのサイトで返品についての取り決めは、「ヘルプ」の中の「セキュリティ・規約」内にある「特定商取引法に基づく表示」のリンク先にあります。
この特定商取引法が何かについては、後でご説明をします。
早速中身を見てみると、住所、販売価格の項目があり、次に返品等の対応とあります。
Amzonと取引をする際は、返品についてこれこれ、このようなルールに従って貰いますよ?と予め表示してあるのですね。
そして、実際に購入した場合には、ルールに従うことを了解したものとされます。
ここで注意したいのは、ここで書かれているのは、Amzonから購入したルールであるということです。
マーケットプレイスでAmazonのサイトを利用している業者から購入した場合は、当該業者のルールを別途参照する必要があります。

具体的な返品ルールは?

「返品等の対応」の項目のなかに、「返品・交換の条件については、こちらをご覧下さい」とあり、リンク先を見ると詳細なルールが書かれています。
そこを見ると、返品可能な期間がまず書かれています。
大抵どこの業者でも返品期限を設けています。
重要な情報ですね。
次に、「お客様都合の返品・交換」、「トラブルや不具合による返品・交換」、「返品・交換を承らないケース」と続きます。
この「お客様都合」の場合と、「トラブルや不具合による」場合が分けて書かれているのは、法に従ってのことです。
前者は表示が必須、後者は返品を制限したり、一切認めない場合に表示が義務付けられているのです。
その後、商品の種類毎の細かいルールが書かれています。
例えば、衣類なら試着した際に汚してしまったり、香水の匂いが付いたら返品不可、などです。